top of page

【ミルトン・リー氏 Vol.1】米国バスケビジネス界、スポーツテック界の大物


Sporta社の上級顧問のミルトン・リー氏は、スポーツビジネス、テクノロジー、金融業界で幅広い経歴をお持ちです。また、新興中のスポーツテクノロジー分野で成功を収めた起業家でもあります。


これから、数ヶ月に渡り、リー氏自身へのインタビューも交えながら、彼についての紹介を連載致します。



基本情報


リー氏は以前、Onexim Sports and Entertainment USA(ブルックリン・ネッツとバークレイズ・センターの持ち株会社)の副社長兼取締役だった。また、ブルックリン・ネッツのマイナーリーグオペレーション担当ジェネラルマネージャー、バスケットボールオペレーション担当ディレクター、テクノロジーとアナリティクスの責任者でもあった。

キャリアの初期には、ウォール街のINGバリングスとSACキャピタルに9年間勤務。ペンシルベニア大学で国際関係学の学士号を取得し、バスケットボール選手として活躍した。

  • Keemotion CEO

  • Sportradar 米国マーケティング責任者

  • Brooklyn Nets & Barclays Center 副社長兼取締役会

  • Brooklyn Nets & Barclays Center マイナーリーグゼネラルマネージャー

  • ING Securities 自己勘定取引責任者


テクノロジーにおける経歴


自動スポーツ撮影技術のトップ企業であるKeemotionのCEOを務める

  • Keemotionの技術は現在250 以上の大学と500の国際競技場で使用されている

  • クライアントやパートナーには、ゴールデンステート・ウォリアーズ、ビラノバ・ワイルドキャッツ、バッファロー・セイバーズ、ESPN、Fox Sports、Intelなど

  • 9人のAIおよびコンピュータビジョンの博士号を持つチームを指導

  • 事業売却に成功 (Eldridge Industries、Sportradar/SRAD)


NBAにおける経歴


12年以上のプロバスケットボール歴

  • ブルックリン・ネッツ上級幹部

  • NBA Dリーグバスケットボールルール委員会委員長

  • バスケットボール運営部長としてテクノロジーと分析の取り組みを指揮 (ブルックリン・ネッツ)

  • 選手育成コーチとして40人以上のNBA選手を指導(ドウェイン・ウェイド、エメカ・オカフォー、マイク・ダンリービー・ジュニア)


2015年5月16日、イリノイ州シカゴのQuest Multiplexで開催された2015 NBA Draft Combineの一環として行われたNBA FITバスケットボールクリニックで、正しいドリブルテクニックを披露するブルックリン・ネッツのマイナーリーグオペレーション担当ゼネラルマネージャー、ミルトン・リー氏

Copyright 2013 NBAE (Photo by Randy Belice/NBAE via Getty Images)




引用元:



▼スポヲタ株式会社について

『スポーツは、ヲタクに変えさせろ。』をビジョンとして、欧米などの最新テクノロジーを活用しながら、日本スポーツの幅広い競技、領域において、新たな価値創造、及び向上の支援を行っています。

社名:スポヲタ株式会社|Sporta Corp.

設立:2018年

代表:家徳悠介


閲覧数:25回0件のコメント

Kommentare


bottom of page