top of page

<インターン体験記/Intern Report vol.3> Kayo Kimizonoさん

更新日:2023年8月17日


スポヲタ社としては、過去6名のインターンを採用しており、各々がスポヲタ社内でさまざまな活躍をしてきました。そしてスポヲタ卒業後も、弊社で培ったノウハウ・スキルを外資系IT企業、総合商社、プロスポーツチーム等にて直接役立てております。


今回はインターン生による体験談の第三弾として、主にスポーツ関連コンサルティング部門で活動したKayoさんの体験談をこちらにて共有させて頂きます。


As Sporta Japan is accepting new interns for the FY 2023, we would like to introduce what our interns do, and how it helped them in getting high level jobs such as Google, Amazon, Japanese trading houses, and Professional basketball teams. For our Third interview, we will share the experience of a former intern, Kayo, primarily focusing on the business and consulting aspect.


<英語> (日本語は後述)

Through my internship at Sporta, I had the opportunity to witness a different side of sports—the behind-the-scenes action that I've always been curious about as a sports enthusiast, both as an athlete and a fan.


As a girl growing up, my mom enrolled me in piano and ballet lessons, thinking they would be the best hobbies for me. However, things didn't go as planned. I quickly developed a tremendous interest in sports during my primary PE classes and intramurals. Sports became a significant part of my life, and I'm currently a member of the university volleyball team, training five times a week. With my passion for sports, I've always aspired to work in the sports industry, particularly in bridging the gap between the Asian and Western sports industries. However, I knew that entering the sports business field was challenging and quite niche compared to other career paths.


This was when I saw a message from my university alumni Kai Otomo (introduced in the previous blog) about Sporta looking for internships. I was immediately captivated by the opportunity, applied the next day, and here I am now!


I am primarily focusing on the business and consulting aspect where we would introduce Western sports trends to Japanese teams and brainstorm ways to enhance their business activities. Being an intern and delving into the business side of sports for the first time, I was initially very worried about how much I could contribute to the team. However, Sporta really provided me with incredible support. Yusuke, the founder of Sporta, always says that to produce “output” of valuable insights (consulting information) you need “inputs” by acquiring knowledge. To facilitate my learning process, I was assigned tasks in my first few weeks that helped me understand the fundamentals of sports business, such as researching and translation of technology trends in the US and how are teams generating revenues. I am truly grateful to Yusuke for his thoughtful approach, starting me off with manageable tasks and gradually increasing the complexity to match my abilities without overwhelming me.


Our team is made up of people from all diverse backgrounds, including experienced sports business specialists, consulting experts, engineering professionals, and university interns. We also use both Japanese and English for business activates to connect the world. Additionally, since we work remotely with team members based all around the world, we enjoy huge flexibility in our work schedules. Although people are all in different time zones, we gather twice a week for team meetings to share updates and connect with one another to update and see each other. Sometimes the time zones may mean that it is 10pm for some members and 5am for others… It is always a time I look forward to as I can meet all the members!


When I first joined the team, I was the only female member. I really enjoy having a voice on the team and bringing in another perspective especially since Sporta also aims to increase attention to women's sports in Japan. I hope to become an asset to the team through this. Recently, another female intern joined the Sporta Crew, and quickly got closer and even met up in real life a few days ago for dinner!


Having no prior knowledge of the business side of sports, Sporta has given me the opportunity to gain insights into this industry. I am incredibly grateful for this experience, as it has revealed a potential career path for my future. If you share a love for sports, we are currently seeking interns so join us and be a part of this amazing team!


<日本語>

Sportaでのインターンシップを通じて、私はスポーツの裏側を目にする機会を得ました。アスリートであり情熱的なスポーツファンとして、私は常にビジネスの側面に興味を持っていましたが、この経験によってスポーツ界のその一面に深く入り込むことができました。


小さい頃、母に言われ、ピアノやバレエの練習をしました、どれにもはまりませんでした。小学校時代、体育授業や学内競技を通じて、スポーツを好きになり、今でも体育会(バレーボール部)の一員として、週に5回の練習を行っています。スポーツに強い興味関心で、将来スポーツ関連の仕事をしたいと思うようになりました。また帰国子女である私は将来ワールドワイドでスポーツ関連の仕事ができたらいいなという夢を持っています。


大学の先輩であるKai Otomoさん(前のブログで紹介された方)からSportaがインターンを募集しているとのメッセージを見た瞬間、これだと思い、翌日に応募しました。


私は今所属しているのは、主にスポーツ関連コンサルティング部門で、欧米のスポーツ業界の最新と先進なトレンドやノーハウを日本のチームやリーグに紹介し、ビジネス展開を図る部門です。素人である私は会社にどんな貢献ができか心配しました。しかし、Sportaは本当に素晴らしいサポートをしてくれました。Sportaの社長である家徳さんは常に「貴重なインサイト(コンサルティング情報)の『アウトプット』を生み出すには、知識の習得による『インプット』が必要」とおっしゃるように、最初の数週間、アメリカスポーツ業界の技術的なトレンドや、スポーツチームの収益構造などといった基礎知識を習得できる翻訳や資料作りなど私の能力範囲内の仕事を与えてくれました。常に私の能力に合わせて作業を与えてくれる、家徳さんのやさしい心遣いには本当に感謝しています。


Sportaは、経験豊かなスポーツビジネスの専門家、コンサルティングのエキスパート、エンジニアリングのプロ、そして大学のインターンなど、多様なバックグラウンドを持つ人々で構成されています。また、英語と日本語を駆使して、世界とつながる仕事ができます。さらに、日本のみならず、欧米にも拠点を持ち、チームが異なるタイムゾーンにいるため、リモート作業が特徴です。働き方には非常に柔軟性があります。チームメンバー間では週に2回ミーティングを行い、最新情報を共有し、つながりを持ちます。時差の関係で、ミーティングに参加するメンバーは夜10時の方もいれば、朝6時の方もいます。私はいつもミーティングを楽しみにしています!


最初に入ったとき、私は唯一の女性メンバーでした。私はチームで声を持つことを本当に楽しんでおり、特にSportaは日本の女子スポーツへの関心を高めることを目指しているので、別の視点をもたらすことができることが嬉しいです。私はこれを通じてチームに貢献したいと思っています。最近、もう一人の女性メンバーが加わり、私たちはすぐに仲良くなりました。実際に数日前に一緒に食事をしました!


スポーツビジネスの側面に事前の知識がなかった私にとって、Sportaはこの業界の理解を深める機会を与えてくれました。私はこの経験に非常に感謝しており、将来のキャリアパスを明らかにしてくれました。Sportaは今もインターンを募集していますので、スポーツに興味関心があれば、ぜひ参加して、仲間になってください!

閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page