• Press Release

スポヲタ社、サガテレビとの提携で選手データの可視化による5G時代の新たなスポーツ放映に向けた実証実験を

スポヲタ株式会社は、サガテレビ・株式会社ユーフォリアとの提携で最新鋭トラッキングシステム『KINEXON』を活用した試合データの可視化による5G時代の新たなスポーツ観戦体験に向けた実証実験を、2月6日に行われる日本ハンドボールリーグの試合で実施します。


スポヲタ株式会社が日本国内取扱独占権を有する『KINEXON』は、選手の正確な位置情報データのトラッキングがリアルタイムで可能となる、最新鋭の選手パフォーマンストラッキングサービスとなっており、NBA傘下30チーム中24チームをはじめ、欧米で100以上のチームや本邦B.Leagueのトップチームが導入しています。


同サービスは、主に選手のパフォーマンス分析、怪我のリスク管理、戦術分析のために活用されていますが、今回はデータの可視化によるファン体験の向上を目的とした本邦初の試みとなります。


2月の本番に先駆けて、12月20日に高校ハンドボールの県予選決勝で行った実証実験の様子がサガテレビにて取り上げられていますので是非ご覧ください。




スポヲタ株式会社は、同サービスを通して選手のパフォーマンス分析や戦術分析の観点から本邦スポーツ界の更なる発展に貢献することに加えて、5G時代に向けた新たなスポーツ観戦体験をファンに提供することで、本邦スポーツ界全体の発展をサポートすることを目指しています。

179回の閲覧0件のコメント