top of page

<インターン体験記/Intern Report vol.2> Kai Otomo君 (現 Amazon )


スポヲタ社としては、過去5名のインターンを採用しており、各々がスポヲタ社内でさまざまな活躍をしてきました。そしてスポヲタ卒業後も、弊社で培ったノウハウ・スキルを外資系IT企業、総合商社、プロスポーツチーム等にて直接役立てております。


今回はインターン生による体験談の第二弾として元インターン生で現在Amazon にて大活躍するKai Otomo君の体験談をこちらにて共有させて頂きます。


As Sporta Japan is accepting new interns for the FY 2023, we would like to introduce what our interns do, and how it helped them in getting high level jobs such as Google, Amazon, Japanese trading houses, and Professional basketball teams. For our Second interview, we will share the experience of a former intern, Kai Otomo, who supported Sporta and now works at Amazon utilizing the skills learned at Sporta.


<英語> (日本語は後述)

During my time at Sporta, I learned what it meant to “enjoy work”.


I’ve always been an athlete, and sports have been my passion ever since I could walk. After my career as a player ended, I knew I wanted to work in sports. When I met Yu, he told me about his vision for Sporta; Revolutionize Japanese Sport Entertainment. Having experienced both US and Japan sports scenes/cultures, I strongly connected with this vision and decided to join the team.


As a content producer intern, my responsibilities were vast. I not only worked on the strategy, but also the creatives of multiple social media accounts. Yu gave me the freedom to follow my gut with a “just do it” mindset.


Through multiple feedback cycles with the team, I learned tremendously about social media and content producing. Most importantly, I had a lot of fun working at Sporta. The best part was how passionate the people were about sports and their work. Furthermore, there was an environment where we could voice our opinions, even as an intern. By truly being ourselves and expressing our opinions, we were able to come up with creative ideas collectively.


Sporta cultured me to always have bias for action, speak our opinion, and always think about vision and the big picture.


These are the specific skills that helped me get to and excel at Amazon.


At a fast-paced company like Amazon, being able to take actions is a key to success. It is also important to take ownership and share your opinions to make sure the team is heading the right way. As Amazon’s mission is to “be Earth’s most customer-centric company”, we must make sure every decision is beneficial for the customers in the end.


Finally, I want to say that Sporta is a great place to work if you have a strong passion for sports. Unlike working at giant companies, you can get hands-on experience on various stages of projects. I can guarantee that you will be given more responsibilities than any other company, and will learn ton from it. Last but not least, Yu will definitely serve you as your role model, with its creative mind and explosive energy. I know this because he did for me.


<日本語>

スポヲタで私は「仕事を楽しむ」ということの意味を学びました。


私は学生時代、スポーツ漬けの日々を送っていました。なので、現役を引退した後、スポーツに関わる仕事をしたいと思っていました。家徳さんに会ったとき、彼は「日本のスポーツエンターテインメントに革命を起こす」というスポヲタのビジョンを話してくれました。アメリカで幼少期を過ごし、日米両方のスポーツ文化に触れてきた私は、このビジョンに強く共感し、インターンとして参加することを決心しました。


コンテンツ・プロデューサーのインターンとして、私が担当した仕事は多岐にわたります。戦略だけでなく、複数のソーシャルメディアアカウントのクリエイティブにも携わりました。そのため、“Just Do It.“という直感的な発想で、自由に仕事をすることができました。チームと何度もフィードバックを繰り返しながら、ソーシャルメディアとコンテンツ制作について大いに学びました。そして何より、スポヲタで働く日々が楽しかったのを鮮明に覚えています。スポーツや仕事に対して、チームの皆が情熱的であり、インターンであっても自分の意見を言える環境がありました。 皆が自分らしく、それぞれの意見を発言しあうことで、クリエイティブなアイデアを出し合うことができました。


スポヲタでは、常に行動に重きをおくこと、自分の意見を言うこと、そして常にビジョンや全体像を考えることの大切さを学びました。


これらは、私がアマゾンに入社し、役立っている具体的なスキルです。


アマゾンのようなペースの速い会社では、立てたプランに対して「素早く行動を起こせるかどうか」が成功の鍵になります。また、チームが正しい方向へ向かうよう、オーナーシップを持って意見を出し合うことも重要です。アマゾンのミッションは「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」であり、すべての決断が最終的にお客様のためになるようにしなければなりません。


最後に、スポヲタはスポーツに対する強い情熱があれば、沢山のことを学べる会社だと思います。大企業で働くのとは違い、プロジェクトのさまざまな段階を経験することができます。他のどの会社よりも責任ある仕事を任され、そこから多くのことを学べます。家督さんの創造的な思考と爆発的なエネルギーをそっくりそのまま真似しましょう。

閲覧数:211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page