• logo_symbol_White
  • ホワイトFacebookのアイコン
スポヲタ株式会社
​オフィス所在地
メディア・ブログ
サイトマップ​​
米国:142 W 57th St, New York, NY 10019
会社情報

Copyright © Sporta Corporation All Rights Reserved.

​代表紹介

​代表紹介

家徳 悠介
代表取締役社長/創業者

米国で幼少期を過ごす。
大学時代は慶應義塾大ラクロス部に在籍しながら、一年間ラクロスの名門米国ノースカロライナ大(昨年全米優勝)にも在籍し、日米の大学スポーツシーンを経験。留学時、米国スポーツ設備・テクノロジーの発展具合に衝撃を受ける。

 

卒業後、三菱商事にて7年、石油ガスプラントの投資・営業に加え、AI・IoTの事業開発にも携わる。同社在籍中、中東のヨルダンに構える、三菱商事イラク連絡事務所での長期海外研修も経験。同研修時代に現地人に「バスケをしたい」と伝えたところ、地元のセミプロチームのトライアウトに連れて位から、人生で最初で最後のプロチームへのトライアウトも経験。(注:結果はご想像の通り)

三菱商事退職後、スポーツビジネスの知見・経験を広げる事を目的に、スポーツの本場米国ニューヨークに位置するコロンビア大学スポーツ経営学修士課程に進学。同大学院にて最先端のスポーツビジネスノウハウを蓄えるとともに、米国内スポーツ関係者、同テクノロジー会社と関係を築く。

2018年4月に「スポーツはオタクに変えさせろ」をミッションに、スポヲタ社(Sporta)を日米に夫々設立。同社では日々スポーツヲタクのパッションを最大限に生かす事で、本邦スポーツ界をよりエンターテイニングにする事を目的に活動している。

経歴

2008年

2010年

2017年

2018年

ノースカロライナ大学チャペルヒル校ビジネススクールへ
慶應義塾交換派遣性として留学
(同体育会ラクロス部に所属)

慶応大学法学部政治学科卒業(體育會ラクロス部所属)
三菱商事株式会社入社(化学プラント部配属)

担当業務・実績 : AI/IoTソリューション事業の考案・立上げ・市場開拓(本邦企業との同テクノロジー開発に関わる協業契約締結)海外大型製油所案件におけるシンジケートローン組成石油・ガスプラント投資・市場開拓米国企業のM&A案件におけるバリュエーション他投資先対象の選定を目的とした、イラク連絡事務所への長期派遣

三菱商事株式会社退職
コロンビア大学スポーツ経営学修士課入学

Sporta Corporation(スポヲタ株式会社)設立

2019年

コロンビア大学スポーツ経営学修士課卒業

​スポヲタ設立背景

幼少期に米国でマイケルジョーダンの魅力に取りつかれてからはや20年以上が経とうとしていたある日、当時行われていたバスケ最高峰のステージであるNBAファイナルにおいて、圧倒的なアンダードッグ(劣勢な環境におかれた者)であったキャブスが崖っぷちな状態から大逆転優勝するのを目にし、久々に強い高揚感を体験。

その際心の中で何かがはじけ、「人生一度なのだから、悔いなくやりたいことをやらねば」と思い、ジョーダンと出会ってから憧れていたスポーツビジネスに携わる事を決意。その後コロンビア大スポーツ経営学修士課にて体系的にスポーツビジネスノウハウを取得、そこで築く事が出来た最高のネットワークも生かしながら、「スポーツはヲタクに変えさせろ」をコンセプトにスポヲタ社を設立。

現在はスポヲタ社にて欧米の最先端スポーツテクノロジーを多数取り揃え、同サービスをアジア・日本に導入するとともに、日本のスポーツ関連事業の海外進出もサポートしている。また、スポヲタ社傘下のスポヲタ情報局にて本邦向け、スポーツ関連インサイトを配信している。

 

まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。